大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異-

東京・上野の国立科学博物館で開催中の「大恐竜展 -ゴビ砂漠の驚異-」に行ってきました。

平日ということもあって、比較的空いていました。

大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異-チラシ

会場入口に、恐竜の学名を記入する「ワークシート」が置いてありました。
特別展「大恐竜展」と常設展を廻ると、すべての枠が埋まるようになっています。

大恐竜展ワークシート

 

一番の見所は、「タルボサウルスとサウロロフスのツーショット」

タルボサウルスとサウロロフス全身骨格

タルボサウルス(手前)とサウロロフス(奥)の2ショット

タルボサウルスの幼体から大人への変化について、詳しく解説されていました。
子供のころは大腿骨より脛骨(すねの骨)の方が長いそうです。大人になるにつれて、大腿骨のほうが長くなります。
また、頭骨の変化についても掲載されています。

タルボサウルスの幼体から成体への頭骨変化

タルボサウルスの幼体から成体への頭骨変化

タルボサウルス幼体の頭骨化石

タルボサウルス幼体の頭骨化石

 

大きかった~

90分ほどで廻りました。
会場出口付近に、ワークシートの回答用紙が置いてありました。
系統図になっていました。

大恐竜展ワークシート回答

大恐竜展ワークシート回答

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る