「太古の哺乳類展」に行きました

東京・上野の国立科学博物館で開催中の「太古の哺乳類展」に行ってきました。
「平日だけど、夏休み」なので、比較的空いてはいるけど、お母さん+小学生が多かった。

太古の哺乳類展チラシ

哺乳類が地球に出現したのも、恐竜と同じ中生代・三畳紀後期。
ミミズや昆虫を食べながら、ひっそりと夜行性中心で生活していたんですね。

太古の哺乳類展チラシ裏

哺乳類が増えたのは恐竜がいなくなってから。
お昼間の活動もできるようになりました。

ベヘモトプスの全身骨格

新生代古第三紀の哺乳類-ベヘモトプス

「ナウマンゾウ」に会ったのは、小学校の教科書以来です。
ナウマンゾウの親子の全身骨格も展示されていました。

ナウマンゾウの全身骨格

太古の哺乳類展のマップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る