恐るべし・・・妖怪ウォッチ人気

6:30、八千代緑が丘のTOHOシネマズに並ぶボク。
前には、既に400~500人ほどの列が出来ています。
早朝からここで並ぶことになったのは、昨晩の妻からのメールに発端します。

20140719_watch

「明日7:00から、妖怪ウォッチの映画の前売り券が発売になるんだって。特典にメダルとカードが付くんだって。
息子は明日並ぶって言ってる。Twitterではもう並んでるひとがでてるらしいけど、帰りに駅前のTOHOシネマズの状態を見てきて。」

昨晩22:00ごろに映画館の前を覗くと、7~8人のひとが待っている状態でした。

 

今朝5:00過ぎに目が覚めたボク。
ぼんやり、ゆったりしながら「ホントに息子は起きてくるのだろうか?」と半信半疑で待ちますが、6:10になっても起きてきません(普段の息子の起床時間は6:00。やっぱりいきなり夏休みモードか??)。
「ちょっと一人で見に行ってみよう。」と自転車に乗って、八千代緑が丘のTOHOシネマズに。

「わっ! すごーい」
6:30、最後尾に並びました。

10分の間にも後に列がどんどん伸びていきます。
「恐るべし・・・妖怪ウォッチ」

7:00に列は少しずつ動き始め、店員さんは「数に限りがありますので、特典付前売り券は売り切れてしまう可能性もあります。ご了承ください。」と叫び続けています。
我が息子が応援に来てくれたのは8:00過ぎ。この時点でもまだ購入できてません。。。
ぐるっと列は廻って、売り場の前に付いたのは9:00前。無事に「特典付の親子ペアチケット」をゲットして帰りました。

 

大人のチケットにも、子どものチケットにも、特典のメダルとカードが付きました。
購入できなかったひともたくさんいるんだと思います。
ひとり6枚までの購入制限をしていましたが、やっぱり「特典のメダルとカードは、子どものチケットのみ」にするほうが、ホントに欲しいよりたくさんの子どもたちに広く行き渡ったのではないでしょうか。

過熱感を煽る主催者側と、ネットオークション・転売目的なのかそれに群がる大人の構図が見え隠れする光景でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る