丹波竜の学名

2006年、兵庫県丹波市で見つかった竜脚類-愛称「丹波竜」が新属新種であることが分かり、学名がつけられました。

「タンバティタニス・アミキティアエ」というそうです。

日本で発掘された恐竜に学名がつけられたのは、現ロシア領(発見当時、日本)で発見されたニッポノサウルスを含めて、6例目となります。

丹波竜の産状化石

丹波竜(タンバティタニス・アミキティアエ)の産状化石

学名は、発掘地の「丹波」とギリシア神話の女巨人「ティタニス」に由来しています。

兵庫県立人と自然の博物館が2007年から発掘調査を繰り返しており、今回の発表となりました。

 

丹波竜.com-丹波市ホームページ-
http://www.city.tamba.hyogo.jp/site/tambaryu/

日本で発見された恐竜-恐竜のしっぽ(恐竜のお勉強)-
http://www.dino-tail.com/study/sho04/sho0401.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る