化石のレプリカ作り

小雨の降る中、化石のレプリカ作りの体験をしたくて茨城県立自然史博物館に行きました。
毎週日曜日に開催される参加型のイベント、サンデーサイエンスに初参加。3月は「化石のレプリカ作り」でした。

茨城県立自然史博物館

茨城県立自然史博物館

午後からの部では参加希望者が多く、36人の定員に対して46人の希望者。抽選となりましたが参加することができました。

レプリカ作り①

作りたい化石の型を選ぶ
息子はアンモナイトの型、ボクは三葉虫の型を選びました。

アンモナイトの型

アンモナイトの型

レプリカ作り②

化石の型にスプレーをかける
後で固まった石膏を剥がしやすくするために、選んだ化石の型にシリコンスプレーを約1秒間吹きかけます。

型にシリコンスプレーを吹きかける。

型にシリコンスプレーを吹きかける。

レプリカ作り③

ゴム腕に、水と石膏を入れてよく混ぜる
とろとろになるまで、水と石膏をよく混ぜます。分量はあらかじめボランティアのひとが量ってくれていました。 「ホットケーキミックスくらい」との表現を使われていました。

水と石膏を混ぜる。

水と石膏を混ぜる。

レプリカ作り④

化石の型に、とろとろ石膏を流し込む
ゴムヘラを使いながら、化石の型に石膏を流し込みます。

化石の型に、石膏を流し込む

化石の型に、石膏を流し込む

レプリカ作り⑤

化石の型を、軽く横からトントン叩く
型を外側から軽く叩くことで、中に入った空気を逃がすそうです。

軽く、とんとん

軽く、とんとん

レプリカ作り⑥

触らずに待つ
石膏が固まるまで、約15分間放置です。

化石の型、放置

化石の型、放置

レプリカ作り⑦

端からゆっくり剥がす
石膏が固まったら、ゆっくりと剥がします。

石膏をゆっくり剥がしながら採る。

石膏をゆっくり剥がしながら採る。

レプリカ作り⑧

石膏のレプリカ化石
比較的、きれいにできました。

アンモナイトの化石レプリカ

アンモナイトの化石レプリカ

レプリカ作り⑨

色塗り
絵の具で色を塗ります。生きてきたころの姿を想像しながら塗るのもいいですし、化石の色を再現してもいいと思います。マンガチックなカラフルにしてみても☆

茨城県立自然史博物館

博物館自体も、「宇宙」から始まり、「地球の歴史」や「生態系」の話まで見応えがありました。
中には、「水族館?」と思えるエリアも。
家族みんなで楽しめる博物館でした。

サーベルタイガーの骨格化石

サーベルタイガーの骨格化石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る