恐竜でフクシマを応援!被災した恐竜の修復

ハドロサウルス類チンタオサウルスの全身骨格模型修復プロジェクトが動いています。

2011年3月11日の東日本大震災。甚大な被害をもたらしました。福島第一原発から30km圏内にある福島県広尾町。事故発生後に街全域が緊急時避難準備区域に指定され、半年後に解除されましたが、いまも住民の半分しか町に戻ってきていないそうです。

そんな福島県広野町役場には、ハドロサウルス類チンタオサウルスの全身骨格レプリカが展示されていました。広野町には約8800万年前-白亜紀後期の地層が露出していることから、「化石」の産地としてのアピールのため1988年から役場ロビーに展示されていたのです。
震災により、チンタオサウルスの頭骨は落下して破損しました。研究者たちがその後検討した結果、その他首の部分などに破損がみられ、[展示に戻すためには大規模な修復が必要]と結論に至ったそうです。

首の落下したチンタオサウルスの全身骨格

首の落下したチンタオサウルスの全身骨格

その修復に必要な費用は400万円(内訳、特殊な樹脂や溶接剤に250万円、溶接や色つけなどの作業費130万円、現地での組立て作業20万円)。
2011年にアメリカ古脊椎動物学会から50万円の寄付が寄せられていますが、350万円の不足分を集めるために「恐竜でフクシマを応援しよう」プロジェクト(発起人、長谷川喜和(群馬県立自然史博物館・名誉館長)、真鍋真(国立科学博物館))が動いています。修復されたチンタオサウルスは、恐竜博2016(東京・国立科学博物館、大阪・大阪文化館)を巡回した後、2017年に広野町に里帰りする予定です。

健常だった頃のチンタオサウルス頭骨

健常だった頃のチンタオサウルス頭骨

私も少額ながら寄付させていただきました。チンタオサウルスが元気になって、里帰りを果たされることを祈っています。

A-port(クラウドファンディング)サイト
恐竜でフクシマを応援しよう

復元されたチンタオサウルス

3月11日、国立科学博物館で開催されている[恐竜博2016]に行ってきました。復元されたチンタオサウルスが展示されていました。

チンタオサウルスの全身骨格化石(2016.3.11撮影)

チンタオサウルスの全身骨格化石(2016.3.11撮影)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る