「第22回石ふしぎ大発見展(大阪・天満橋)」に行きました

大阪・天満橋で開催された「第22回 石ふしぎ大発見展」。会場は、天満橋OMMビル2階。
ボクは同会場で行われる「鉱物鑑定試験8級」に初挑戦するため、試験日となっている5月1日(石ふしぎ大発見展最終日)に行きました。

第22回石ふしぎ大発見展

第22回石ふしぎ大発見展

開場10分前に着くと結構なひとが並んでいます。パンフレット・会場のレイアウト図などを見ながら列の最後尾につきます。 昨年末に行った「東京ミネラルショー2015」(東京・池袋)に比べると出展者数・エリアの広さともに小さくなっていますが、多くのディーラーさん・お店がところ狭しと鉱物・宝石・化石などを並べています。
ぐるっとまわって、気になる化石が・・・。黄鉄鉱化したアンモナイトの化石。大きさや質に応じて、お値段が5000円~30000円ほど。ボクにとっては安い買い物ではないので、もう少し(鉱物鑑定試験が終わるまで)考えることにしました。

鉱物鑑定講習会・試験

13:00~14:45まで8級の鉱物鑑定講習会。8級基準鉱物の標本をルーペで観察しながら、ひとつひとつの特徴を教えてもらいます。
8級基準鉱物は、自然金、石墨、自然硫黄、閃亜鉛鉱(せんあえんこう)、黄銅鉱、方鉛鉱、辰砂、黄鉄鉱、磁鉄鉱、石英、オパール、蛍石、方解石、藍銅鉱、クジャク石、石膏。2時間弱で、集中して観察することができました。

15:00~検定試験。5種類の鉱物を見分ける実地試験と正誤を答える筆記問題が出題されました。講習会をしっかり聴いていれば、難なく解ける問題でした。

黄鉄鉱化アンモナイト

「回答を終えたひとから退出できる」ので15:30頃に試験会場を退出し、気になっていた黄鉄鉱化アンモナイトのところに向かいます。お店のひとに、「このアンモナイト(値札は20000円)はいくらになりますか?」と尋ねてみました。
「最終日なので15000円に」とのお答えを頂いて、購入しました。いい買い物が出来たと思います。幸せな気分で、帰宅の途につけました。

購入した黄鉄鉱化アンモナイト

購入した黄鉄鉱化アンモナイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

  • ブロントサウルス(Brontosaurus)の切手

    2015.4.12

    ブロントサウルスの復活!?

    2015年4月7日、恐竜ファンにとってはサプライズニュースが流れました。 「1…

  • 201408_goshoura

    2014.11.9

    化石発掘体験

    岐阜県高山市荘川町で、小学校5年生の女子児童がイグアノドンの歯化石を発見したそう…

  • アンモナイトの化石レプリカ

    2015.3.1

    化石のレプリカ作り

    小雨の降る中、化石のレプリカ作りの体験をしたくて茨城県立自然史博物館に行きました…

  • ティラノサウルス・レックスの全身骨格化石

    2015.4.5

    恐竜の名前

    2015年3月10日、日本国内で恐竜の新種が報告されました。昨年8月の丹波竜こと…

  • 恐竜博2016ヘッダ

    2016.3.11

    「恐竜博2016」に行きました

    2016年3月8日(火)~6月12日(日)、東京・国立科学博物館で開催中の「恐竜…

カテゴリー

アーカイブ

スポンサード リンク

ページ上部へ戻る